播州三木「ヒシカ工業株式会社」訪問 2013年4月3日

2013年4月3日、播州三木の鋸メーカー
「ヒシカ工業株式会社」様を訪問致しました。

古い製法で作られている鋸メーカーは新潟の三条市を含めても数少ない中、
ヒシカ工業様は従来の製法を受け継ぎながらも、機械による精密な作業と
職人による丹精込めた手作業を融合させ、新しい商品価値を生み出しています。

 

次いで、工場の見学です。
研磨の加工は機械で行われます。

 

こちらは鋸の”アサリ”を造る設備と目立ての設備です。
昔からの職人の技術は機械となっても受け継がれ、
そのこだわりは機械による繊細な作業によって造り上げられます。

こちらは最後の工程となる、職人による歪取りの作業です。
仕上げの工程となる歪取りは、製作の過程で鋸刃に生じる歪みが一枚一枚異なる為、
熟練の職人による仕上げが必要不可欠なのです。

”使い手の五感に訴える鋸を”と仰っておられたヒシカ工業社長の神澤氏。
直々に懇切丁寧な説明と案内をして頂きまして、鋸造りに対する熱い想いを汲み取りました。

既に大工用・山林用を取り扱っておりますが、
近日、園芸用や細工用の鋸も販売予定となっております。

→ ご購入はこちらから

田中菊蔵商店トップページへ
ハーティエクスプレス トップページへ

播州三木「石井超硬工具製作所」訪問 2013年1月9日

2013年1月9日、兵庫県三木市のタイル施工工具のメーカー「石井超硬工具製作所」様を訪問しました。

市場に応じた信頼のおける手動・電動タイル切断機およびタイル、石材施工関連工具の開発、供給に励み日本国内だけでなく、海外市場においても高い評価を受けております。

また、先進メーカーとして新技術・新製品の研究開発に努めておられるグローバルな企業でもあります。

→ ご購入はこちらから

 

 

 

田中菊蔵商店トップページへ
ハーティエクスプレス トップページへ

播州三木「岩崎のみ製作所」訪問 2012年10月30日

2012年10月30日、兵庫県三木市の鑿メーカー「岩崎のみ製作所」様を訪問しました。

播州三木打刃物の伝統工芸士、岩崎永祐さんは26歳の頃にこの業界へ入られ、40年以上も鑿製作に打ちこんできました 。

2代目となる永祐さんは、親の代から続く「左のぶ弘」の銘を受け継ぎ、お客様である職人さんの満足を得られる「ものづくり」を目指して日々取り組んでおられます。

また、古式鍛練法の工程について詳しく説明して頂き、岩崎さんのものづくりに対する真摯な姿勢とその人柄を垣間見ることができました。

→ ご購入はこちらから

田中菊蔵商店トップページへ
ハーティエクスプレス トップページへ

播州三木 「藤原小刀製作所」 訪問 2012年9月25日

2012年9月25日、兵庫県三木市の小刀メーカー「藤原小刀製作所」様を訪問しました。

1927年(昭和2年)に手打小刀の製造を始め、家業だった桶作りにちなみ、現在も「おけや」を屋号に使い、小刀の他に小出刃・万能・かま型などの包丁も手掛けています。

今回お話を伺いました三代目:藤原保彦氏は平成22年、40歳にして伝統工芸士に認定されました。播州三木打刃物の伝統工芸士において、数少ない若き伝統工芸士です。

→ ご購入はこちらから

田中菊蔵商店トップページへ
ハーティエクスプレス トップページへ

播州三木 「永尾駒(カネコマ)製作所」 訪問 2012年7月31日

2012年7月31日、兵庫県三木市の『肥後守ナイフ』でおなじみ「永尾駒(カネコマ)製作所」様を訪問しました。

かつて、肥後守は安くて丈夫で使い易いナイフとして全国的に普及。子供たちのポケットや筆箱には必需品として肥後守が入っていました。しかし昭和30年代、ナイフによる青少年犯罪が増加し、「刃物追放運動」により、肥後守も製造と販売に大きな打撃を受けました。

しかし近年、また職人さんの手作りの技が見直され、人気を盛りかえしています。懐かしい商品としてで無く、子供達に正しい使い方を教え、後生に残していきたい道具です。

工場を見学させて頂き、このような身近な商品が実際に出来上がる所を見ることができたのは、深く感銘を受けました。

→ ご購入はこちらから

田中菊蔵商店トップページへ
ハーティエクスプレス トップページへ